やわらかトート6畳

シンプルで、豊かな生活を

日々のお買い物に、旅のお供に。自由で身動きしやすい、気軽に使えるトートバッグを作りました。素材はコットン100パーセント。表地には丈夫な畳の経糸、裏地には良質な帆布生地を使用。手触りが良く柔らかな素材を使っています。さらに洗えますので、普段使いに気軽にお使いただけます。どこへでも持ち出し、いろんなものを入れて、あなただけのバッグに育ててください。


【お手入れ方法】汚れが気になってきた場合、水で薄めた中性洗剤を布に含ませ、叩くように拭き取ります。その後、固めに絞った布で水拭きをします。【洗う】中性洗剤(漂白剤・蛍光剤が入っていないもの)を付けて水かぬるま湯で、やさしく手で押し洗いをしてください。【すすぐ】生地に洗剤が残っていると黄ばみの原因になるので、洗剤はきちんとすすいでください。【干す】出来るだけ水を切ってから、しわを伸ばして風通しの良い日陰に干してください。
※お洗濯による多少の縮みが生じます。湿気の多い場所ではカビが生えることがあります。長期間お使いにならない場合は、通気性の良いところに保管してください。
¥121,000 税込
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

SDGS

畳表の縦糸

バッグ表面の赤い刺繍、これは“畳”を表しています。6畳・7畳半などバッグのサイズで刺繡のマークを変えています。バッグの大きさは実際の畳の1/10サイズです。 素材の布は、畳表(たたみおもて)の原料となるイグサの名産地・熊本県八代地方において、畳表の縦糸に使われる綿糸のうち、通常は廃棄される残糸をリサイクルしたもの。日本伝統の畳に由来するバッグであり、イグサ産地ならではのバッグでもあるのです。 リサイクルの残糸は、八代市の「まんさく園」に通う人たちが、小型の機(はた)でていねいに織りあげます。強めに織ればしっかりとした生地ができ、弱めに織ればふんわりとした生地ができます。織り手の個性が加わるため、布の“表情”は一枚いちまい微妙に異なり、機械織りでは出せない布の表情が魅力です。
ページトップへ